1週間くらいでなんとなく疲れが減ったような気がしました

Y02C021

最近は、パソコンやスマホなど目に負担のかかることを多くしているせいか、目の疲れがひどいうえに肩こりもかなり慢性的な状態になっています。

パソコンやスマートフォンの液晶画面にもブルーライトをカットするカバーなどをつけていますが、それ以上に使用時間の長さが影響してなかなかよくなりません。

そういう時に何気なくテレビの通販ショップでブルーベリーのサプリメントを紹介していたので、ぼーっとみていると自分の今の症状に効果があると言うので、ちょっと興味をもちました。

もちろんすぐに購入はしないでインターネットでいろいろしらべてみると、確かにブルーベリーには目の疲れなどに効果のある成分があるとのことでした。

参考:眼精疲労

続きを読む

その差は明らかに違うので毎日飲んでいます

Y02C019

私は20代の時に管理栄養士の資格をとり、保健所や公民館で料理を教える仕事を30年間してきました。

私は食べる事も好きなので、現代の10代や20代が食べている物でもどんな味がするのか興味があるし、実際に食べて美味しいと思った料理がいくつもあります。

料理をつくる事も食べる事も好きな私ですが50代になると小さい物を見た時、見た物がかすんだりぼやけて見えるようになりました。

料理をつくる時は材料を切りますが、材料がぼやけて見えて手を切った事も何度かあります。

20代や30代の時にはこんな事なかったと思うと同時に、老化現象の1つと思い諦めていました。

老眼鏡を使えばかすんだりぼやける事なくはっきり見えたので眼鏡屋で老眼鏡をつくりましたが、当時の私は老眼鏡を見るたびに自分が年をとったと感じていたので使う事に抵抗がありました。

そんな時にテレビで見たのがブルーベリーサプリメントです。

続きを読む

ブルーベリーは視力回復や下痢などの症状を改善させる効果があります

Y02C025

仕事や家庭でパソコンやスマホを使用する時間が長くて、だんだん視力が悪くなっていました。

そのような時にブルーベリーが視力回復に効果があると聞いて摂取するようになりました。

ブルーベリーの青紫色には、アントシアニンとよばれる色素成分があります。これが網膜にあるロドプシンという物質の再合成を活発化させます。

ロドプシンは光の作用によって瞬時に分解と再合成を繰り返すため、それが脳に伝わり視覚となります。

ブルーベリーを摂取するようになり、疲れ目になりやすかったのが改善してきました。

乾燥品のものを摂取すると効果的です。

乾燥していてもアントシアニンは熱に強いため効果を保つことが出来ます。

続きを読む

ブルーベリーのサプリを定期購入して毎日飲んでいます

Y02C015

結婚して今まで行った事もない県に住む事が決まった時も、テニスを通じて友人をつくる事ができました。

妊娠した時以外は体重が増えた事がなく、洋服が入らなくなり困ったという事もないです。

私にとっては一石二鳥でしたが、50代の頃から少しずつテニスのボールが見えにくくなりました。

テニスのボールが体に当たり痛い思いをする事もありました。

テニスのボールは硬いので体に当たるととても痛く、青あざができる事もあります。

このままでは一緒にテニスをしている人に心配や迷惑をかけるので、やめるべきか迷っていた時にインターネットで見たのが、ブルーベリーのサプリメントです。

続きを読む

読む事をやめていた推理小説を再び読めるようになった

Y02C013

若い頃から推理小説を読む事が好きな私は夜寝る前にいつも数冊読んで寝ていましたが、年をとるにつれて文字がぼやけて見えるようになりました。

50代になるとさらにぼやけて見えるようになり、ぼやけた文字を見るために目を細めるので目だけでなく目のまわりも痛みを感じるようになったので、推理小説を読む事自体が嫌になりました。

そんな時テレビで見たのが、ブルーベリーサプリメントのコマーシャルです。

コマーシャルに出ていた人の中に1ミリ以下のビーズを扱っている女の人が出ていて、数時間そのようなビーズを扱っていると目が疲れるけど、ブルーベリーサプリメントを飲むようになり目が疲れなくなったと言うコメントを聞いて、とても興味が出ました。

参考:ブルーベリーサプリの効果ブルーベリー おすすめ):ブルーベリーサプリ疲れた目や眼精疲労に効果が期待できると言われています。

販売していた金額も高額というわけではなく、定期購入できる金額だったので購入しました。

しかし飲んで2週間しても効果を感じる事ができなかったので、購入した事を後悔しましたが購入したブルーベリーサプリがもったいないと思い、1ヶ月間毎日飲み続けていると少しずつですが新聞に書いている文字が、はっきりと読めるようになってきました。

続きを読む